//////// Link ///////////
> RxM by akum6n
> ブログトップ
> Kaz's Diarynote
> Kaz's Myspace
::: Attention!! ::: Don't steal my pictures © unless you add the link of this Blog with it or you got my permission for it.
ログイン | 設定
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧
| Powered by excite | XML | ATOM |
/// Scar Symmetry - Dark Matter Dimensions (レビュー) /////
e0143594_22441181.jpgスウェーデン産近代メロディック・プログレッシブ・デスメタルバンド-Scar Symmetryが1年ぶり(!??)に通算4作目となる新譜-Dark Matter Dimensions を本日リリースしました。
デビュー時はメンバー写真も冴えない同好会的バンドだったのに、この製作スピードの早さといったら何なんでしょうか。(笑)

前作 の際も触れましたが、1st-アルバムは"お遊び"をはるかに超えたクオリティを有し、世界各地で反響を呼びました。また、そのリアクションに応えるべく、Live-ツアーも適度にこなしつつ、大手レーベルに移籍。アルバム枚数も気づけば4枚を重ねるに至りました。

ところで、このバンドの個性の一つでもあったChristian Älvestam(Vo.) が前作以降に脱退。彼の"柔と剛"を巧みに使い分けるヴォーカルスタイルは明らかにこのバンドの肝でもあったので、一体全体どうなるかと思いましたが、バンド側はツインVo体制で建て直しを図ったようです。
e0143594_233451.jpg
すなわち、グロウルVoパート担当として、Roberth Karlsson (中央右側)、クリーンVoパート担当として Lars Palmqvist (中央左側)が新加入しました。特に後者のクリーンVoはどこかひっかかりを覚えるような一癖ある声質で前任者のそれとの間に違和感を覚えること請け合い。しかしながら、#6 の(クリーン)Vo-メロディーの使い方(Bメロ)は彼ならではの趣深さがあり、バンドの新たな武器でもあるのではないかと。

音作りそのままに、バンドのもう一つの個性でもある構築美溢れるギターSolo は健在ですが、今作は"キャッチー"感が薄れ、よりアグレッシブ且つプログレッシブ・ハードな側面を強めた印象があるのも特徴的。Keyも元々使用しておりましたが、今作はどこか控えめで、ゴリゴリ感がより強調されて私的には聴こえてきました。

もっとも、#1#3は即効性のある"キャッチー"なキラーチューンで私的にはこの2曲で大満足。

Voの脱退と新加入/体制も手伝ってか、よりプログレッシブでハードな作風に仕上がっておりますが、バンド名が象徴するような楽曲全体の整合感に一切のブレ無し。Liveも生で一度観てみたいです。

♪ 試聴は こちら から
[PR]
Written by Kaz