//////// Link ///////////
> RxM by akum6n
> ブログトップ
> Kaz's Diarynote
> Kaz's Myspace
::: Attention!! ::: Don't steal my pictures © unless you add the link of this Blog with it or you got my permission for it.
ログイン | 設定
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧
| Powered by excite | XML | ATOM |
/// カテゴリ::: Other ::( 37 ) /////
|
Written by Kaz
  
数ヶ月前から行きたいと思っていたがぶ。食いたいものが結構ヘビー級なだけに、ある意味で胃の調子と日程との相談を繰り返し、本日ようやく行くことを決意(笑) その食いたかったものとは、こちらのがぶ丼
e0143594_22362325.jpg
::: がぶ丼 - ¥1,200 :::

肉の花びらが咲き散らすその様はまさに一輪の花。ほのかに香る粗挽き胡椒の香りも一層食欲を誘います。肉の下には千切りされたキャベツが乗っていて、色合いもGoodで、もはや芸術作品と呼びたくなります(笑)

他にもメニューが豊富な洋食屋なのですが、8割り方基本的にこのがぶ丼をオーダーしておりました。自分の場合は注文して10分ほど待った後に、いよいよ実物とご対面。見栄えは、ご想像の通りインパクト抜群なのですが、それ程量が多いわけではなく、特に、ご飯は大盛(+¥100)で注文してもよかったと思えた程。

つまり、肉をかっ喰らっているという感じで、久々に顎筋に疲労感を覚えましたし、最後まで肉が丼の中に残っていたので、ご飯の"替え玉"を注文したかったぐらいです。この丼ものを一度に2杯食べるとなると、それこそフードファイトレベルだと思いますが、1杯であれば程よい量であり、個人的にも食べた後は大満足でした。

ちなみに、こちらを注文すると、自動的にお新香と味噌汁がついてきます。
[PR]
Written by Kaz
  
14日頃にめざまし土曜日のニュースで観て知った「ホームズくん史上最強の難問」にチャレンジ中。
e0143594_19151082.jpg
この難問を見事解くと、青山・六本木の高級賃貸物件に2年間無料で住めるという前代未聞の懸賞クイズなのですが、「タダほど怖いものはない」とは良く言ったもので、仮に当選しても税金が10万強/月発生するとかで、"ゆとり"階級でなければ正直心の底から喜べないのでしょうか(^_^;)

さて、自分も当初話のネタとして解いていたのですが、それなりに自信のあった回答がことごとく不正解だった模様で、気づいたら意地でも問題を解きたいという信念の下、どっぷり嵌っていましたA^_^;)

結構真剣に考えただけに、徒労に終わったままにしておくのも忍びないですし、それにこうして自己満のBlogを保有しているわけで、故に、自分の回答を覚書程度に記録しておこうと思います。

ちなみに、正解は9月1日に発表されるみたいです。当該期日経過後にこの記事をご覧頂いている方は、正解と↓を見比べて笑ってやって下さい(^_^;)

回答・・・
[PR]
Written by Kaz
  
近畿・中部ではデパート等に店を構えるラーメンチェーン店として有名なスガキヤ。ある意味ご当地ラーメンなわけですが、私的には思い出のある一杯でもあったので久々に食べて来ました。
e0143594_2182162.jpg
::: 特製ラーメン - ¥420 :::

店舗にもよるのでしょうが、ラストオーダーはPM8:00までということで、初回時は締め出しを喰らってしまう(苦笑) ということで後日再入店。ラーメンは¥290~となっているところ、欲を出して豪華な特性ラーメンを注文。出来上がり後の室内アナウンス呼び出しも、実に懐かしい。

個人的に好きなのが、ラーメンのスープ。つまり、かつお節ベースの純和風塩/豚骨スープがたまらなく好き。最後にご飯をぶち込んで食したいところなのですが、ノーマルな白ご飯の取り扱いがないのが悔やまれます。

麺は中細ちじれ麺。店員さんがゆで過ぎたかどうか分かりませんが、のび気味で残念(^_^;)。肉/チャーシューも、いかにも既製品という感じですが、スープが個人的には◎なのと、お手ごろ価格での提供となっているので、トータルでの満足感は大いにあります。
e0143594_21242333.jpg
このスプーン・フォークもスガキヤの特徴。若干スープをすすり難い来がしますが、子供にとってはこちらの方が食べやすかったりもする。

関東ではウケが悪いのか、インスタントラーメンのみの展開となっておりますが、名古屋近辺に御用時の際は一度立ち寄ってみては如何でしょうか。
[PR]
Written by Kaz
  
お盆に手ぶらで実家に帰るのもアレだし、ということで今年は空也もなか を購入して帰ることに致しました。
e0143594_10503391.jpg
創業明治17年というこの老舗和菓子は、予約しなければ購入することが困難という人気店でもあり、それを聞いて自分も前日に焦って電話予約を致しました。電話のつながりは悪かったですが、何とか予約できて一安心。

自分の場合、PM4:30 頃に受け取りに行きましたが、ちょうどその頃に「本日売り切れ」の張り紙を張り出している最中でした。開店同時に売る切れるとか耳にしておりましたが、お盆時期は比較的購入し易いのかもしれません。
e0143594_10571796.jpg
::: もなか - 20個入り/¥1,900 :::

もなか自体を個別梱包していないこともあり、箱伝いにこうばしい香りがプンプン漂ってきました。1週間程度常温保管で日持ちするようですが、当日食べた方が美味いにきまっているということで、早速食べてみました。

使われている材料からすれば、言ってしまえば"ただのもなか"ということになるのですが、餡子が量産品のそれとは素人でも明らかに違うと分かる風味を持っていると感じました。

つまり、ぱりぱりした皮の中に、丁寧且つぎっしり詰まっているこの餡子は口どけが良く、そして後を引かない、上品な甘さが口の中に広がります。

甘ったるい和菓子は私的には苦手なのですが、こちらであれば私的には何個でもイケてしまいそうでしたし、自分も楽しめたということで、このもなかを手土産にしたのは正解だったかな、とも思います。
[PR]
Written by Kaz
  
去年 に引き続き・・・というか毎年参加している気がするめちゃイケ-プロデュースイベント-めちゃ花牧場 に12日に行ってきました。
e0143594_10151151.jpg
今年は花畑牧場をパロディっており、このあたりのおふざけ感は毎度ながら最高。私的にはこの催し参加が最大の目的なので、色々なブースに行ってみたかったものの、人が長蛇の列を成し、炎天下の中30分程度毎回並び続けるのは容易ではないので、適度に遊んで早々に帰宅しましたA^_^;)

続きを読む...
[PR]
Written by Kaz
  
前回来店したらば「準備中」ということで断念した店-に初入店してきました。(恥ずかしながら最初この漢字"KAMADO"が読めませんでした。)
e0143594_1935355.jpg
::: くんたまチャーシューメン・しお味 / ¥950¥790 :::

燻製した味付け卵-"くん玉が有名なこのラーメン屋。今年で創業10周年らしいのですが、なんと、8月21日で閉店してしまうということで、現在閉店感謝セール中につき、この値段になっていたようです。

スープは「にぼし醤油味」と「とんこつ醤油味」がメインなのですが、日替わりで異なるスープも用意されており、初来店ながら恐れ多くも「しお味」をチョイスしてみました。しかし、これが大成功(?)で、久しぶりにスープまで完食してしまうラーメンにめぐり合いました。

こちらもダブルスープ仕様なのか否か分かりませんが、適度なこってり感と、塩っ辛すぎず、薄すぎず、それでいて塩本来の味/素材を最大限生かしているかのうような正統派・塩スープは病み付きになる中毒性を秘めていると思います。「白ごはん」も同時に注文しましたが、最後はここにぶっ掛けて頂きました。勿論、旨かったです(笑)

チャーシューも口の中で解ける感じが◎。この店の売りの一つであるくんたまに関しては、本当に"スモーク"されている感じが強く、味は渋めで、かなりクセがあると思いました。言うならば、"大人の味"。

腹が減っていたという要素も大いにありますが、前述の通り、久々にスープまで完食してしまいました。このラーメンも目下のところ私的TOP3入りは濃厚なぐらい感動したものの、今月で閉店とはあまりにも惜しいです・・・近日中にまた来店したいところ。
[PR]
Written by Kaz
  
本当は違う店へ行く予定だったけれど「準備中」という痛恨のオチ&食べてから1週間程度経ちますが・・・もちもちの木にてつけ麺を食してきました。
e0143594_19431176.jpg
::: つけ麺・少 - ¥700 +煮玉子 / ¥100 :::

JR新宿駅と大久保駅のちょうど中間に位置しているのですが、ビルの地下1階に店を構えています。しかも、店の雰囲気含め、喫茶店を改築したかのような、隠れスポット的な感じのつくりなので、見つけるまで多少時間を要しました。(店の照明が適度に落とされているので写真も↑が限界・・・)

続きを読む...
[PR]
Written by Kaz
  
最近カレー屋か丼モノの店が続々とできている秋葉原のグルメ事情ですが、自分がついつい足を運んでしまうのが、スターケバブ
e0143594_0471918.jpg
::: ビーフケバブ・ピタ/レギュラー (¥500) :::

9割方外国人スタッフで、「イラッシャイイラッシャァァ~イ・オイシイィヨ!!」と声だかに叫んでいるので近くを通れば直ぐに気づくと思います。

また、このスタッフが曲者で(笑)、レギュラーなのにビッグボーイ並みに盛ってくれたり、ソースの種類を注文時に答えているのに2,3分後にまた尋ねられたり(デフォ&自分だけ?)と、店員同士会話で盛り上がって毎度毎度どうも注文内容を忘れているっぽいA^_^;)

キャベツはどことなく萎れているというか、ぱさぱさした食感ですが、常時あぶっている、肉汁たっぷりな肉をその場で切り落として盛ってくれるので、不味いはずがない(笑) ソース無し(オリジナル)でもガッツりいけてしまいますし、その旨みを知っているのか、ハトがお構い無しに、地面に落ちたおこぼれを常時つっついている有様(苦笑)

ビールがあればさらに最高。

その後"まんだらけ"で...
[PR]
Written by Kaz
  
渋谷→代官山へのウォーキング時に、人が列をなしているのをしばしば目撃していただけに気になっていたつけ麺屋 やすべえに初突撃を敢行。
e0143594_1134943.jpg
( つけ麺・大盛 - ¥720 +あじ玉 / ¥100)

PM5:30頃という中途半端な時間帯でしたが、それでも席は8割り方埋まっていたのと、自分が食べ終えた頃には5,6人後ろで待っていました。

お品の方ですが、まず麺は太麺。麺の量を予め選べるのですが、その量に関わらず一律金額が同じというのも外せないポイントで、大盛は440gというなかなかのボリューム。もちもちした食感も特製麺ならではといったところでしょうか。

スープも適度にこってりしつつ、そして甘さが口の中に広がるというのが最大の特徴。甘醤油タレベースという点で、純和風的スープとも言い得るかもしれませんが、このあたり、食べる人の好き嫌いを分ける気が致します。
[PR]
Written by Kaz
  
先週の土日に東京ビックサイトで開催されたDesign Festaに両日共に参戦してまいりました。オシャレ系フェスだけに可愛い女の子も多かったです。
e0143594_17303465.jpg
"オリジナルモノ"なら何でも可ということで、色々なジャンルの作品郡でごった返していて大いに驚きつつ、それなりに楽しんでまいりました。ということで、戦利品の一つを遅ればせながら投稿。日本刀!? と思わせつつ実は・・・

続きを読む...
[PR]
Written by Kaz