//////// Link ///////////
> RxM by akum6n
> ブログトップ
> Kaz's Diarynote
> Kaz's Myspace
::: Attention!! ::: Don't steal my pictures © unless you add the link of this Blog with it or you got my permission for it.
ログイン | 設定
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧
| Powered by excite | XML | ATOM |
こちらも遅ればせながらシリーズ?2008年のS/Sだったかと思いますが、NitraidよりリリースされたRipped Jeanを古着で再度入手。
e0143594_329993.jpg
M-サイズを探していて、この度ようやくめぐり合いました。定価が¥47,500と、自分が知る限り、Nitraidのデニムラインの中では過去一番高額な1本だったと思いますが、その分、そこらのダメージ加工デニムとの違いをひしひしと感じさせる出来栄え。

ダメージの度合いが過ぎると、「お金がないんだね・みっともない」的な煽りを受けるか、年配方にガチでそう思われることが多い中、この意図的なripping感と、個性的なつぎはぎ感は唯一無二にして、デザインとして決まっていると思う次第。
e0143594_3371516.jpg
ダメージ加工系は、渋谷系の"ピチピチ"仕様か、定番の破れ仕様のものが多い気がするし、そういった類のジーンズ・デニムは好きじゃなかったりする人間にとっては色々な意味で最高の出来栄え。Nitraidに嵌った理由のひとつも、ゆったり履けるカッコいいデニムを出していたからだし、デニムの品質やこだわりに関しては恐らくストリート系では、私情を除外しても、多分トップクラスだと思う。
[PR]
Written by Kaz
  
京都に引っ越した関係上、SFのためだけに東京へ出向くというのもなかなか難しいもので、しかし、店舗販売もして頂けるということで、大阪は日本橋にあるトイショップ-Astro Zombiesにて並びを決行致しました。
e0143594_1975518.jpg
個人的に思うに、Secret baseだと、アイテムにもよるものの、10人程度の並びができるので、さらに今回極少数と耳にしたとあれば「早起きせねば」って感じで、当日10:00ぐらいに到着したものの、なんと1番乗り

最終的に並びは3人で、また、店舗販売用に10体程度づつ確保されているご様子につき、余裕をもって購入できました。もっとも、好きな柄のものを選ばせて頂くことができ、この点は並んだ甲斐があったとつくづく思っています。そんなこんなでお持ち帰りしたのがこちら。
e0143594_19125881.jpg
このカラー仕様のスカルウィングは、個人的には過去のカラー含めても上位に位置するというか、少なくとも、久々に買いたい衝動に駆られました。
記憶が確かならば、マーブル柄のスカルウィングは非売品で、コアなファン以外物理的に入手できなかったし、その意味で、"Andy"氏のPushead氏&Secret Base/Astro Zombies側に対する働きかけには感謝したいです。
e0143594_19185896.jpg
話戻して、今回こちらのスカルウィングをお持ち帰りした理由、それは頭部の頭蓋骨感が上手く出ていて、暗闇でいい感じに光ると思ったから・・・その目論見はどんぴしゃで、大満足。
e0143594_19221934.jpg
SDCCで販売された黒マーブルの方が断然イイと思っていましたが、こちらのシークレット-Verを見て話が変りました(笑) こちらを国内でも販売して頂いたAstro Zombiesには改めて感謝したいです。
[PR]
Written by Kaz
  
ご無沙汰のカテゴリ-「Fashion」に久々に投稿!!服装となると、人にも見られるものだから、内部事情公開するみたいで、こっ恥ずかしくて投稿し辛いものの、アクセサリー類はその点気軽でいい(笑)
e0143594_18491376.jpg
こちらは、店員さんの紹介を受けて半ば衝動買い。前に出していた同種のものとはフレグランスが異なり、デザインのカラーもに変更した模様。

ペイント用のスプレー缶と思わせて、実はエアフレッシュナーというギャップ(?)というか、目の付け所かいいなと思った次第だし、インテリア的にもいい気が致します。
e0143594_18542483.jpg
ところで、今期のNitraidモノは裏で色々と購入していたりなんかして、中でも、恒例のオリジナルテキスタイル=NITRAID CIRCUITはツボに入っています。("FULL PRINT TEE G"も購入してしまいました・笑)

Blifing Fileだとシアン(緑青)的な色彩に見えましたが、実際はもっとがかっているように感じたのは自分だけでしょうか?さておき、正直、主張が強いteeにつき、着こなしパターンが目下最大の悩みでもあるんですけれども(笑)
[PR]
Written by Kaz
  
久々の投稿。この間京都へ引っ越す等しました。めっきり購入しなくなったソフビ系も、CRONICのモノについては相変わらず収集中につき、処分をお考えの方はご一報を(笑)
e0143594_17395656.jpg
引越し前に展示スペースにあぶれた玩具をまんだらけで処分し、その金(全部!!)でこちらのマーベラスを購入して帰ってきました(笑) なんと、色紙(?)付き。引越し後の部屋にインテリア的に飾らせてもらっておりますが、
e0143594_1742559.jpg
サインを見る限り、Hobby Complexで販売された一品らしい。2007年当時は未だSecret Baseしか知らなかった時期につき、足を運んでいなかっただろうけれど、絶対購入できなかっただろうなぁ(-_-;)
e0143594_17472868.jpg
相変わらず塗装に卓越した個性を感じさせます。すなわち、クリア成型をベースに内側にパープル系の塗料を流し込んだ上で表面から塗装を加えている模様。背面もこんな感じです↓
e0143594_17543492.jpg
CRONICでしか味わえないクリア感と使というものがあるような気がします。Blobpus・Mark Nagata氏の塗装テクも凄いですが、この2者を紛れ込ませない限り、個人的にはどれがCRONICが手がけた塗装は言い当てる自信があります(-_-) 要するに個性的。
e0143594_1831861.jpg
活動中止中と思われるのが非常に寂しく、残念ではございますが、再開するのを、首を長くして待ち続ける所存です。
[PR]
Written by Kaz
  
先日のSFに赴いたものの、初めて何も購入することなく退場。ソフビ関係のモノで欲しいと思えるものが大分減ってきましたが、CRONICだけは今もなお追っかけ中(笑)
e0143594_2302754.jpg
自分もそれなりにCRONIC-マニアの域に入ってきているとは思うものの、秘密結社を名乗るだけあって、見たこともないモノにちょくちょく出くわすのが色々と衝撃的で、多分、「他にも凄いのがあるんじゃないか?」という好奇心から、追っかける情熱が一向に冷めないのだと思います。
e0143594_2354925.jpg
で、今回も"なんじゃこりゃ!!"なモノに出くわしました。こちらはMixboxに封入されていたらしい、裏SECRETのMAVERASU。当時自分も応募致しましたが、見事に抽選に外れたので、手にすることはできなかったのですが、同時に"LIMITED 1/4"となっているあたり、それなりの量が世に出回ったのではないかと推測いたします。
e0143594_2310271.jpg
しかしながら、今回も手抜き一切無しどころかまたしても凄まじいテクで塗装されています。初見時、CRONICとしては珍しいクリアブルー成型かと思っていたのですが、足裏や接合部分を見ると、なんとクリアピンク成型じゃないですか!!
e0143594_23142149.jpg
つまり、独自の手法でクリアピンクの下地を利用してクリアブルー成型かのように仕立て上げているわけです。同時に、CRONICの塗装テクからすれば、成型色上の色の限界というものが存在しない、あるいは独自の"成型色"を作り出せることを意味するわけで、文字通り、縦横無尽/∞の彩色パターンを考えうる・・・凄まじいとしか表現することができない自分が恥ずかしい(^_^;)
[PR]
Written by Kaz