//////// Link ///////////
> RxM by akum6n
> ブログトップ
> Kaz's Diarynote
> Kaz's Myspace
::: Attention!! ::: Don't steal my pictures © unless you add the link of this Blog with it or you got my permission for it.
ログイン | 設定
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧
| Powered by excite | XML | ATOM |
板橋区に位置する古着・雑貨・フィギュア販売店-MONSTOCK!!より、"熱い"ブツが到着。実際手に入れることができ、非常に興奮しております。
e0143594_1516319.jpg
ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・
e0143594_15281769.jpg
e0143594_15335981.jpg
ズドォーン!!??!! と降臨したのは、超機装甲デストドン MK - II。説明する前にまずその雄姿を眼に焼け付けて下さい、と言わずとも 圧っ倒的な威圧感と存在感。デストドンの究極のライバル怪獣というのも伊達じゃない。

初お目見えは昨年の3月。MONSTOCKの2周年記念プロジェクト(『M・T・A・Project』)シリーズキャラのトリという形でデビュー。
e0143594_15502138.jpg
今までソフビで6パーツ・8パーツも使っていれば「スゲ~」なんて言っておりましたけれど、こちらは次元が違います。なんとなんと驚異の94パーツで構成。ギネス記録級だと思いますし、リアルに申請しても良いのではないかと思ってしまいます。
e0143594_15524530.jpg
そもそも、ソフビって普通かんちゃく部分を"はめ込む"ものですが、こちらは、"はめ込む"+切り取って"くっつける"という耳と眼を疑ってしまうような、常軌を逸した作り方をしております。MONSTOCK-店長のお言葉を拝借するなれば、『アーティストガレキ』という言葉がまさにぴったりな一品。
e0143594_1625855.jpg
e0143594_1631328.jpg
口も開閉し、それにより表情が全然変わってくるのがまた面白いところ。というより、素直にカッコいいし、個人的に普段TOUMA氏のキャラモノには手を出さないけれど、このデストドンには飛びついてしまう理由というのもこのあたりにあると思います。
e0143594_1693782.jpg
あまりに凄すぎるので思わず前置きが長くなりましたが、こちらは『MONSTOCK!!試作機零型』と称されるカラー仕様のメカデストドン。"試作機"ということですが、個人的には一番カッコいいカラーリング仕様だと思います。
e0143594_16163297.jpg
つまり、"メカ"だけに、メタリックなカラー-色はキャラデザインに見事マッチしていると思いますし、"MONSTOCK"の名を冠する所以でもあろうメタリックグリーンも全体をキリっと引き締めていて実にクールな仕上がり。
e0143594_162457.jpg
2010年度の個人的Toy of the Yearはこのメカデストドンで決定と断言できそうです。そのぐらい、カッコよさ・存在感等々が凄まじいレヴェルに達しております。お値段も¥29,800となっておりますが、個人的には全く後悔しておりません。興奮し過ぎて掲載している以外にも写真を久々に撮りまくりましたし、お陰で今酷く肩がこっています(笑)
[PR]
Written by Kaz
  
"マック"の店頭で興味惹かれるストラップを発見。何でも、ポテト・ドリンクをLにサイズアップすれば貰えるとのことで、腹が空いた日に決行しようと思い、そして本日注文してみました。
e0143594_14534058.jpg
個人的にはアップルパイのストラップが欲しかったので、その旨告げようと、「アッ」って言い出だした瞬間にブラインドバック仕様のブツをすっと差し出される・・・ハッピーセットなら選べるのに、今回は選べないんですねA^_^;)

続きを読む...
[PR]
Written by Kaz
  
こちら を投稿しておいて1週間以内に、なんとなんと、また探していたマーベラスに遭遇&即お持ち帰りさせて頂きました(笑)
e0143594_12283454.jpg
こちらは時系列的に、2008年秋のパチモンサミットで販売された一品。そして、以降現在に至るまで、CRONICは一点モノをリリースするようになったので、レギュラー販売は事実上こちらをもって中断してしまっています。

まず、自分の場合パチサミは、自分の好きなメーカーが参加するかどうか、その情報を待ってから参加を決めるのですが、その間にチケットが毎度完売してしまいます・・・要するに参加できません(^_^;)
e0143594_1240913.jpg
従って、CRONICがパチサミに出店・参加し、しかも、自分好みのカラーをリリースしたと知ったときの悔しさは尋常ではないですし(笑)、だからこそ、こちらのマーベラス他も強く印象に残っていました。

なんといってもこのが堪りません。この透明度は着色のクリアボディをベースにしては出せないでしょうし、加えて、この絶妙なるカラーバランスの妙技を体感してしまうと、眼が肥えてしまって、ちょっとやそっとの彩色では全然驚かなくなってしまうこと請け合いです。
e0143594_12552082.jpg
製作意欲が溢れ出し始めた前兆段階にリリースされたこともあり、"レギュラー販売"されたものともいえども、カスタム張りの気合の入りようを感じさせます。近年はカスタムリリースが多く、今年に入ってからは完全に中断中とお見受けするので、いち早い復帰を望んでおります。
[PR]
Written by Kaz
  
俗に謂う"電波"を受信しつつ、実際にデッキを作りたくなり、そして、作るという過程を繰り返していたらば、気づいたら3デッキ所持している始末(^_^;)
e0143594_11591893.jpg
::: MAX ARMOR ION - MTG case (white mana) :::

デッキをそのまま放置しておくとすぐに散らかってしまうため、ケースは必須であるところ、個人的にしっくりしたデッキケースに出会えず、見つけたと思ったらば、「基本セット 2010」の当たりの景品/ノベルティーアイテム(例の金箔ケース)だったり・・・

結局そちらを何とかして手に入れたわけですけれどもA^_^;)、この度無理してそちらを手に入れなくてもよかったことが発覚(苦笑) つまり、デザインは違いますが、きちんと市販されておりました(^_^;)

鼻を突く独特の臭いが漂っておりますが、ノベルティーの金箔ケースと全く同じ仕様で、メイン60枚+サイド15枚を入れてもまだスペースがゆったりございます。使い込んでいくと、表面に傷ができ、しかも、それが目立ちやすくなってしまうと思いますが、個人的にはプラスチック製のものより断然こちらのケースの方が好きです。

さらにさらに、に限らず、他の(マナの色に合わせた)色仕様のものも存在することを認識するに至り、例えば、, , なんか最高に渋いですし、そちらを買えばよかったと後悔中・・・(-_-;)
[PR]
Written by Kaz
  
時は2009年1月。阿修羅魔狂獣軍団が人知れず出没し、自分が駆けつけた際は大半の軍団員がさった後であった・・・当時の詳細はこちら
e0143594_4164316.jpg
後日One up.側のご厚意で、そのとき行進していた軍団の全容が明らかとなり(詳細はこちら)、実際拝めなかった悔しさがこみ上げてきたものの、この度、私的に一番惹かれたマーベラスの召喚に成功!!

とりあえず実際手にしてみての一言・・・ヤバイ !!! 悶絶に次ぐ悶絶で昇天&失禁寸前状態で△凹#◎$%★~(以下略)
e0143594_4362630.jpg
何と言っても、自分が購入したカスタム仕様のマーベラスが霞んでしまうぐらい、発するオーラが違い過ぎます。違った観点から言うならば、カスタムの気合の入り具合が明らかに違うように思えます。

まず、その血塗られた刃には誰かを切り裂いた直後であろう、着物なり衣装なりの繊維の残片が生々しく残っており、そのようなカスタム仕様は知る限りではこちらのマーベラス以外見受けられないのではないでしょうか。
e0143594_4421919.jpg
そして、バイオハザードもびっくりな、"エグさ"を絶妙に醸し出している拭き取り系の塗装とカスタムならではの目玉仕様。

ディテールの彫り深さを演出する拭き取り系の塗装は最近よく眼の当たりにしましたが、この拭き取り系塗装は主眼が異なっているように思えますし、このあたりの塗装テクニック・センスはやはり一つ抜きん出たものを感じざるを得ません。
e0143594_4482595.jpg
血生臭さが漂う残忍且つ、極悪非道なマーベラス。メタリックグリーンの明るい色合いがシャープでいて、逆に不気味な雰囲気を加えているようにも思えます。私的には過去一番カッコいい仕様のマーベラスであると思って止みません。最高。
[PR]
Written by Kaz